購読のお申し込み
広告制作ガイド

産経新聞広告掲載基準

掲載しない広告

1. 不良商法及びその類似商法とみなされるもの
(例)バイブル商法、宛名書き商法、霊感商法、催眠商法など
2. いわゆる「示談屋」に類するもの
3. 法律違反ではないが、公序良俗に反する業務の広告
(例)交通違反反則金の共済会社、盗聴器販売など
4. 債権取り立て、回収、精算引き受けの広告。ただし、法人が行う債権買取業はこの限りではない
5. 養子縁組、乳幼児あっせん、臓器売買の広告
6. 調査業などでその事業について相当の実績がないもの。
掲載できる場合でも個人のプライバシーを調査する旨の表現はできない
7. いわゆる「総会屋」「暴力団」及びその関連企業などが広告主となったもの
8. 個人の銃砲刀剣類の売買及び危険物の広告
9. 許認可を必要とする営業、商品で受けていないもの
10. 「求む資金」の広告で、その実態が不明確なもの
11. 「馬券的中器」の類及び馬券的中予想業の類
12. いわゆる大人の玩具、性的興奮を目的とする下着など
13. ホテル、旅館、料亭、バー、キャバレー、クラブ、マッサージ業などでいかがわしいもの
14. ラブホテル、ソープランド、低俗なヌード劇場、デートクラブ、テレホンクラブ、ヘルス、愛人バンクなど
15. 男女交際が目的と見なされるもの。ただし、本社が妥当と判断したものはこの限りではない
16. ヌードモデルの募集及び撮影会の広告。ただし、本社が妥当と判断したものはこの限りではない
17. 各種法令等の違反で行政処分などを受けた広告主は、その程度、理由により、一定期間掲載を停止する場合がある
18. 名簿売買の広告など個人情報が流出するおそれのあるもの
前へ   次へ
  • その他の新聞・デジタル媒体
  • サンケイスポーツ
  • 夕刊フジ
  • Fuji Sankei Business i
  • 産経デジタル
ページ先頭へ戻る